競馬新聞の見方

競馬新聞やインターネットの予想情報

競馬新聞は狭いスペースに多くの情報を詰め込むために種々に工夫された表現法が使われ、その情報量の多さは、「世界でもっとも情報密度の高い新聞」と言われています。
「騎手名・厩舎名」乗馬する選手名と調教を管理する厩舎名などの他、「予想印」評価の段階は大まかに分けて本命◎・対抗○・単穴▲・連下△・無印又は×の5つに分かれていますが、その記号は各競技および各予想紙間で統一されてはいません。
おおむね関東圏では(◎→○→▲→△)、関西圏では(◎→○→▲→△→×)が評価順となっていることが多いでしょう。
この他に注目される競走対象として「注」の字を用いる新聞もあります。
「過去レースの成績」文字通り最近4〜7レースの距離、芝・ダートコース別の成績結果など新聞によりある程度の評価基準が異なり、予想判断に最も重要な情報と言えるでしょう。
その他、調教の走破タイムや関係者のコメント、トラックマンやその新聞の競馬評論家のコメントなど、馬券を検討する際に必要な情報が盛り込まれています。
これらの情報を総合的に判断したものが「予想印」となりますが、初心者に勘違いが多いのが「印=人気」ではないという事です。

ところで、最近では多くのネットサイトで競馬予想のホームページが立ち上げられており、その情報量はとても新聞紙上では書ききれない物であり競馬予想の研究には欠かせない物となっています。
競馬予想サイトの面白い利用方法として、予想大会に参加をする方法があります。
自分の予想力を試すというだけでなく、他の成績上位者などの予想を参考にして色々な情報のとらえ方の整理に役に立ちそうです。
100%勝つ方法などはありませんが、特筆すべき優秀なものがあります。
正確な評価を下すことで有名な経済新報株式会社より発売されたE−BOOK白書ギャンブル編でも最高の評価をうけた馬券師秋山亮二氏の

【無料】「極馬配信」サービス

先ずは無料で秋山亮二氏のパワーを実感して下さい。

PukiWiki
inserted by FC2 system